okubanner
ホーム
演目を閉じます
はじめに
歴史
行事・式次
 神殿神事(前段)
  役指し舞
  榊舞
  白蓋神事
  導き舞
  猿田彦命舞
 神代神楽
  天岩戸開き
  大蛇退治
  国譲り
  吉備津
 神能
  五行
  玉藻前
  お田植え
 神殿神事(後段)
  
託宣神事
神楽の豆知識

Story of Biccyuu Kagura

pdf pamphlet (English)pdf pamphlet (English)

pdf pamphlet (French)pdf brochure (French)

pdf pamphlet (French)pdf (韓国語

pdf パンフレット(日本語)pdf パンフ
(日本語)


備中神楽日程
出雲の神のお話
神楽面のお話
村のお話
私のお話
リンクとブックのお話
サイトマップ
おく山のお便り ホームへ移動ホーム 備中神楽紹介 トップへ移動備中神楽トップ 


 備中神楽で使用される神楽面は、一般の家庭でも人気があり、
「福を授かる」「厄を払う」などの意味合いから玄関先に掲げている家庭が多い。
新築祝いに贈られることも多い。

 神楽面の面彫りは半玄人職人や神楽太夫が自ら製作したものも少なくない。
材料は、桐の木を手彫りし、猿田彦命などの髭は、馬の毛が使用される。
 面の表情は、時代、地区、職人によって千差万別である。

 わが村でも面彫りの職人は、数少なく成ったが、数人の達人を紹介します。
お知らせ  あなたの家の玄関先に神楽面を・・・
邪気を払い、福を授かる。
はじめに
厄を払い、福を招く、力を授かり、商売繁盛を願う・・・
 それらの意味合いから、玄関先に神楽面を飾る風習があります。
 それぞれの神々にはそらぞれの云われがあります。ご利益があります。

作品とご注文について

 以下の「マイ神楽ステージ」のサイトからご購入ください。


「マイ神楽ステージ」 神楽面販売と神楽興行の斡旋サイト


トップへ
おく山のお便り ホームへ移動ホーム 備中神楽紹介 トップへ移動備中神楽トップ 
このホームページは、(有)奥村ハーネスが管理しています。
リンク・素材の転用は、自由に許可されています。