okubanner
ホーム
演目を閉じます
はじめに
歴史
行事・式次
 神殿神事(前段)
  役指し舞
  榊舞
  白蓋神事
  導き舞
  猿田彦命舞
 神代神楽
  天岩戸開き
  大蛇退治
  国譲り
  吉備津
 神能
  五行
  玉藻前
  お田植え
 神殿神事(後段)
  
託宣神事
神楽の豆知識

Story of Biccyuu Kagura

pdf pamphlet (English)pdf pamphlet (English)

pdf pamphlet (French)pdf brochure (French)

pdf pamphlet (French)pdf 韓国語

pdf パンフレット(日本語)pdf パンフ
(日本語)


備中神楽日程
出雲の神のお話
神楽面のお話
村のお話
私のお話
リンクとブックのお話
サイトマップ
おく山のお便り ホームへ移動ホーム ┃備中神楽紹介 トップへ移動備中神楽トップ ┃

さてさて、神殿神事(こうどのしんじ)を覗いて見られ〜。
神聖なる神楽がここから始まります。


榊(さかき)舞

神楽の始めにあたり、
神殿(こうどの)、神職、神楽太夫、氏子、その他いっさいを清めるために舞う。
鈴の舞、綾笠の舞、榊の舞を順次舞う。


いっさい草木すべて神前へと、舞いや収めん。サイヤ、サイヤー・・・・

口に榊の葉をくわえ、その後、榊葉を二つにちぎって左右に投げ、
それおもって「みそぎ」を終了する。




千早(ちばや)に烏帽子をつけた舞手が、鈴の舞、綾笠の舞、榊の舞を順次舞う。
舞は、巫舞(かんなぎまい)と呼ばれる古来からあった神事舞である。
本来は、神職が担当すべきであるが、神楽太夫が舞うことが多い。
全国に分布する「巫女舞(みこまい)」であり、神事色の強い社家神楽系の色合いを持つ。
扇と鈴を持って、神前で祈祷の為に舞い、神がかる前の清めの舞である。
動画配信中 
神楽の豆知識
トップへ

参考文献
・大塚 尚男氏  「備中神楽面」
・大塚 尚男氏  「神楽新聞」
・三村 信介編  「備中神楽」
・逸見 芳春編  「神楽絵巻」改訂版
・山根 賢一著  「備中神楽」
・神崎 宣武編  「備中神楽の研究」
・神崎 宣武文  山陽新聞サンブックス「備中神楽」
■ 問合せ先は こちら です。
おく山のお便り ホームへ移動ホーム ┃備中神楽紹介 トップへ移動備中神楽トップ ┃
このホームページは、(有)奥村ハーネスが管理しています。
リンク・素材の転用は、自由に許可されています。