本文へスキップ

備中神楽の簡単なあらすじ。神楽面の紹介。神楽動画の紹介。神楽公演の紹介。ふるさとの風景紹介。おく山のお便り。

榊舞の概要

神楽の始めにあたり、
神殿(こうどの)、神職、神楽太夫、氏子、その他いっさいを清めるために舞う。
鈴の舞、綾笠の舞、榊の舞を順次舞う。


千早(ちばや)に烏帽子をつけた舞手が、鈴の舞、綾笠の舞、榊の舞を順次舞う。
舞は、巫舞(かんなぎまい)と呼ばれる古来からあった神事舞である。
本来は、神職が担当すべきであるが、神楽太夫が舞うことが多い。
全国に分布する「巫女舞(みこまい)」であり、神事色の強い社家神楽系の色合いを持つ。
扇と鈴を持って、神前で祈祷の為に舞い、神がかる前の清めの舞である。

榊舞


いっさい草木すべて神前へと、舞いや収めん。
サイヤ、サイヤー・・・・


口に榊の葉をくわえ、その後、榊葉を二つにちぎって左右に投げ、それおもって「みそぎ」を終了する。






#






備中神楽をこよなく愛する あなたへ