okubanner
ホーム
演目を閉じます
はじめに
歴史
行事・式次
 神殿神事(前段)
  役指し舞
  榊舞
  白蓋神事
  導き舞
  猿田彦命舞
 神代神楽
  天岩戸開き
  大蛇退治
  国譲り
  吉備津
 神能
  五行
  玉藻前
  お田植え
 神殿神事(後段)
  
託宣神事
神楽の豆知識

Story of Biccyuu Kagura

pdf pamphlet (English)pdf pamphlet (English)

pdf pamphlet (French)pdf brochure (French)

pdf pamphlet (French)pdf ???
(韓国語


pdf パンフレット(日本語)pdf パンフ
(日本語)


備中神楽日程
出雲の神のお話
神楽面のお話
村のお話
私のお話
リンクとブックのお話
サイトマップ
おく山のお便り ホームへ移動ホーム ┃備中神楽紹介 トップへ移動備中神楽トップ ┃

神殿神事


導き舞

猿田彦の命の由来を説明する舞。
素面、羽織、袴、御幣と扇子の一人舞い。


学ばでは知れぬ神代の古事を 今まきかえす今日の御神楽

わが国をいかにと問えば天津日の 豊栄のぼりのかげをささなん

わが国は神の末なり神まつり 昔の手ぶり忘るなよゆめ




 天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫神の「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」が、天孫降臨の時に天の分岐路に立って、一行を先導した猿田彦命の由来を説明する舞。
 この舞は、神楽舞の基本となる。
 備中神楽には、ゆったりと荘厳な命舞、軽やかで流麗な姫舞、激しく勇壮な荒舞など幾つかの舞の形があるが、それらを総称して曲舞という。
 それらの舞は、いずれもこの導き舞を基に神格にあわせて脚色されている。
※ 閲覧する場合は、プラウザの『更新』ボタンをプッシュ!
動画配信中 
神楽の豆知識
トップへ

参考文献
・大塚 尚男氏  「備中神楽面」
・大塚 尚男氏  「神楽新聞」
・三村 信介編  「備中神楽」
・逸見 芳春編  「神楽絵巻」改訂版
・山根 賢一著  「備中神楽」
・神崎 宣武編  「備中神楽の研究」
・神崎 宣武文  山陽新聞サンブックス「備中神楽」
■ 問合せ先は こちら です。
おく山のお便り ホームへ移動ホーム ┃備中神楽紹介 トップへ移動備中神楽トップ ┃
このホームページは、(有)奥村ハーネスが管理しています。
リンク・素材の転用は、自由に許可されています。