本文へスキップ

備中神楽の簡単なあらすじ。神楽面の紹介。神楽動画の紹介。神楽公演の紹介。ふるさとの風景紹介。おく山のお便り。


導き舞の概要

猿田彦の命の由来を説明する舞。
素面、羽織、袴、御幣と扇子の一人舞い。

 天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫神の「瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)」が、天孫降臨の時に天の分岐路に立って、一行を先導した猿田彦命の由来を説明する舞。
 この舞は、神楽舞の基本となる。
 備中神楽には、ゆったりと荘厳な命舞、軽やかで流麗な姫舞、激しく勇壮な荒舞など幾つかの舞の形があるが、それらを総称して曲舞という。
 それらの舞は、いずれもこの導き舞を基に神格にあわせて脚色されている。
 

導き舞


学ばでは知れぬ神代の古事を 今まきかえす今日の御神楽

わが国をいかにと問えば天津日の 豊栄のぼりのかげをささなん

わが国は神の末なり神まつり 昔の手ぶり忘るなよゆめ







#






備中神楽をこよなく愛する あなたへ