okubanner
ホーム
演目を閉じます
はじめに
歴史
行事・式次
 神殿神事(前段)
  役指し舞
  榊舞
  白蓋神事
  導き舞
  猿田彦命舞
 神代神楽
  天岩戸開き
  大蛇退治
  国譲り
  吉備津
 神能
  五行
  玉藻前
  お田植え
 神殿神事(後段)
  
託宣神事
神楽の豆知識

Story of Biccyuu Kagura

pdf pamphlet (English)pdf pamphlet (English)

pdf pamphlet (French)pdf brochure (French)

pdf pamphlet (French)pdf ???
(韓国語


pdf パンフレット(日本語)pdf パンフ
(日本語)


備中神楽日程
出雲の神のお話
神楽面のお話
村のお話
私のお話
リンクとブックのお話
サイトマップ
おく山のお便り ホームへ移動ホーム ┃備中神楽紹介 トップへ移動備中神楽トップ ┃

神殿神事


白蓋神事
動座・鎮座

榊舞で清めた後、
荒神をはじめ、八百(やおよろず)の神々を勧誘し、鎮座を願う神事。
動座加持と鎮座加持がある。




動座加持

クリックして大きな画像に
 神殿の中央に綾笠を襟首に差して座し、太鼓を叩きながらの降神の為の歌ぐらと唱えごとをする。

  
この御座に参る心は天地(あめつち)の
                  
開きはじめの心なるもの

  
御幣立ててここが高天原(たかまがはら)ならば
                  
集まり給えや四方(しも)の神々

  
綾笠を手に取り持ちて拝すれば
                  
いずれの神の寄りてまします

  
綾笠の育ちはいずこ大空や
                  
高天原の育ちなるもの


クリックして大きな画像に


 神殿中央の天井に吊り下げた白蓋(びゃっかい)を上下左右前後へと、あるいは静かに、あるいは激しく自由自在に揺り動かす。紙吹雪が舞う。
 これは、カミ(紙すなわち神)が動いて降りてくる様子を表現している。
鎮座加持

クリックして大きな画像に
鎮座加持により白蓋の揺れが鎮まると、これによってカミが鎮まったとする。
そして、白蓋の玉から神殿の四方の横木へ立て並べた御幣へ千道(ちみち)を引く。
千道を伝わり、諸神幣へ神々が鎮座ましましたことを表現する。

  
御幣立つここも高天原として
                  
集まり給えよ四方(よも)の神々

  
御幣をばゆり立てゆり立て拝むれば
                  
いずれの神も寄りてまします

動画配信中 
神楽の豆知識
トップへ

参考文献
・大塚 尚男氏  「備中神楽面」
・大塚 尚男氏  「神楽新聞」
・三村 信介編  「備中神楽」
・逸見 芳春編  「神楽絵巻」改訂版
・山根 賢一著  「備中神楽」
・神崎 宣武編  「備中神楽の研究」
・神崎 宣武文  山陽新聞サンブックス「備中神楽」
■ 問合せ先は こちら です。
おく山のお便り ホームへ移動ホーム ┃備中神楽紹介 トップへ移動備中神楽トップ ┃
このホームページは、(有)奥村ハーネスが管理しています。
リンク・素材の転用は、自由に許可されています。