★備中神楽★

A猿田彦命の舞
(Sarudahikonomikoto no mai)
Dancing of "Sarudahiko no mikoto"


 この舞は、神楽の始めにおこなわれる。この神は、「先払い」の神と呼ばれている。

This dance is done at the beginning of Kagura. This God is called God of "Saki barai"which means to remove dirt of the road, Stepping ahead.

 その舞には、日本刀や槍を東北南北に向けて切り裂くような動作を観ることができる。

Sarudahiko uses a Japanese sword or a spear to every direction and cuts the air and tears the air in the dance (Mai)

 切り裂くことによって、不幸や災害を除くなどの意味を持っている。

The Mai has a meaning to remove misfortune and a disaster.

 これから始まる神楽の先陣として、世話役、神楽師や舞台を清める。

As the van of beginning Kagura, Sarudahiko cleanse the staff and the performers and the stage.

 更に、お客様も清める意味をもっている。

Furthermore, Sarudahiko cleanses the audiences.


topへ

 この神の容姿は、次の通りである。赤地に金銀を配した鎧を着けている。顔は、鼻の高い面をかぶっている。そして、白い頭髪をかぶっている。下半身には、袴を着けている。そして、腰に刀をさしている。両手に扇子をもっている。

A figure of this God is as follows. He puts on a red armor with a design of gold and silver on the red groundwork. This God puts an a high-bridged nose mask on the face. And he is covered with white hair. He puts on a hakama to a lower part of the body. And he places a sword in a waist. And he holds a folding fan in both hands.



次へ
戻る
topへ