★備中神楽★

@導き舞い
(Mitibiki mai)
Guidance dance


 導き舞は「猿田彦の命」の由来を説明する舞である。その舞は、「備中神楽」の基本となる舞い方が披露されています。

Guidance dance is one to explain an origin of "Sarudahiko no mikoto". Basics of the dance of Biccyuu Kagura.

 この神は、天孫瓊瓊杵尊が芦原中津國に天下る途中、天の分岐点で出迎え、神々を先導した神で、日本書紀によると、鼻が長く、目が赤くホオズキのように輝いているという。

This is the God who led a party of Gods at the crossroad when Gods are in the middle of falling on ground. The God is written in Nihonsyoki as follows. A nose is long and eyes are red and shine like a ground cherry.



次へ
戻る
topへ